イメージ
認知症による「資産凍結」から親を守る 専門家が親身に寄り添うおやとこ 実績豊富な司法書士が伴走。利用しやすい低価格 家族信託の契約件数ナンバーワン
認知症による「資産凍結」から親を守る 専門家が親身に寄り添うおやとこ 実績豊富な司法書士が伴走。利用しやすい低価格 家族信託の契約件数ナンバーワン

認知症による資産凍結とは?

認知症により判断能力が下がり、
意思表示ができなくなると
資産凍結」に陥るリスクがあります。

認知症のご本人(親御様)
認知症のご本人のイメージ

まとまったお金が動かせない…

  • 介護施設の入居費用が足りない
  • 入院費用が出せない
  • 相続対策ができない
支えるご家族(お子様など)
支える家族のイメージ

親のお金を使えず、出費が重なる…

  • 資産凍結後は成年後見制度を使わざるを得ない(第三者に財産が管理されてしまう)
  • 親のためでも親の財産が使えず、子の負担になる
様々な出費は増えるが、親のお金は動かせない

資産凍結によって、
介護施設の入居費用が足りない
入院費用が出せない
相続対策ができない  …など。

資産凍結がご家族にもたらす悪影響
計り知れません。

家族信託とは?

家族信託とは、自分の財産の「管理権限」を家族など信頼できる第三者に渡し、自分に代わって財産管理をしてもらうことで認知症による資産凍結を防ぐ法的制度です。

家族信託のイメージ

家族信託のイメージ図

もし下記に当てはまるものがあれば、

家族信託のご検討をオススメします。

親が高齢になり心配している

親の物忘れが多くなってきた

親が所有する自宅をいつか売却することを検討している

親が認知症になった際には家族でサポートしたい

親が将来的に介護施設への入居を考えている

親が収益物件を保有している

? A

家族信託をしなくても、子どもなら親の代わりに財産を動かせませんか?

梶原 隆央

司法書士/梶原隆央

残念ながら、原則出来ません

例えば、昔は子どもが親の通帳を預かって、代わりに銀行からお金を引き下ろすことも出来ていました。
しかし近年では、振り込め詐欺などから高齢者の財産を守るために、セキュリティやルールがどんどん厳重になってきています。
子どもが委任状を持っていたとしても、やはりお金は出せない事が一般的です。

「まずは本人が直接窓口へ来ること」もしくは、
「何らかの形でご本人様確認、ご意思の確認が取れること」
が求められるようになっています。

家族信託などで認知症対策をしておかないと、残念ながら資産凍結のリスクは高くなるといえるでしょう。

事例1:離れて暮らす両親のための家族信託

ご両親と離れて暮らす、長女様からご相談を受けました。
ご両親は高齢で、ご自宅をそれぞれ半分ずつ共有で保有されていました。

長女様がネットで認知症について調べていたところ、資産凍結について知り、家族信託の実績が豊富な当社に問い合わせしたとのことです。

浅沼 礼奈

司法書士/浅沼礼奈

もし、このまま認知症になると…

認知症になり「意思能力がない」と判断されると、司法書士が登記手続きをすることができないため、ご自宅を売却することができなくなります。

特に不動産を共同保有している場合には、保有者のどちらか1人でも認知症を発症してしまうと、不動産全体を売却することが難しくなってしまうため、資産凍結のリスクが特に大きいといえます。

将来、介護施設へ入居するなどで、ご自宅が空き家になる可能性を考慮すると、ご自宅を売りたい時に売れなくなってしまうことは避けなければなりません。

家族信託で不動産の資産凍結を回避!

お父様・お母様からそれぞれ、長女様に家族信託を使って不動産名義を変更させていただきました。

これにより、不動産の名義を裕子様お一人が保有できる状態に変更しました。

合計4回の面談を重ね、他のご家族みなさまにも当社から説明を丁寧に行い、みなさまに納得いただいた上で、円滑に手続きを進めることができました。

もっとみる 閉じる

事例2:叔母様のための家族信託

ご相談者様には、身近なご親族として叔母様がいらっしゃいました。

叔母様は高齢で、日常生活は問題ありませんでしたが、日によって物忘れが多かったり「あれ?」と感じることが増えてきていました。

認知症になった後の介護費用や、生活費などの資金をどのように捻出すればよいのかという点について、心配されていらっしゃいました。

森賢治

家族信託コンサルタント/森賢治

成年後見制度も検討していたが...

叔母様はマンションを所有しており、介護施設に入居する際には、このマンションを売却する予定でした。
認知症になってしまった場合には成年後見制度を使うことを考えていましたが、

・第三者がご家族の財産を管理すること
・ご家族であっても自由に財産を動かせなくなること
・亡くなるまで原則やめられないこと

などの成年後見制度のデメリットを知り、家族信託を検討し始めました。

自分で家族を守るための家族信託

叔母様が安心・安全に生活できるよう、以下を実現する家族信託を行いました。

・叔母様の認知症が進行した場合に備えて、人目のある介護施設へ入居できるように
・遠くで暮らすご相談者様も、安心して叔母の様子を見守ることができるように
・叔母様が退去後のマンションを代わりに売却し、叔母様の介護費用や生活費を捻出できるように

成年後見制度ではなく家族信託を利用して、自分でご家族を守りたいとの想いが、ご相談者様を後押ししたとのことです。

もっとみる 閉じる

動画でわかる家族信託

おやとこのメリット

01

国内トップクラスの実績を持つ
専門家が丁寧に対応

日本有数のサポート実績を持つ専門家が丁寧に対応します

私たちは、家族信託の普及が始まった2016年頃から家族信託のサポートを始めています。

業界内でもいち早く家族信託に取り組んできた実績や、司法書士など専門家によるお客さまに寄り添ったサポートを続けてきた結果、サービス満足度96%という高い評価をいただいております。

02

リーズナブルな料金設定

リーズナブルな料金設定

※ 金銭500万円を信託する場合の初期費用の比較

日本では2050年には認知症患者の割合が全人口の10人に1人まで上ると推計されています。

だからこそ、私たちは家族信託を誰でも利用しやすいものにし日本全国に普及すべく、家族信託を高品質かつ安価に提供することを目指しております。

03

ご家族への説明にも同席

専門家がずっとサポート。責任を持って伴走します

家族信託を始めるにあたって最も大きなお悩みの一つが、親御さんや他の家族への説明です。

私たちは必要な場合には、親御様やご家族への面談にも同席させて頂き、ご家族全員が納得するまで皆様に説明をさせていただきます。

04

家族信託専用アプリで
簡単・安全に家族信託を運用

日本初・家族信託のアプリでスマートに家族信託を運用 アプリイメージ

家族信託は信託法に基づく法的制度です。
信託法37条では、家族信託の運用が始まると、受託者(財産を管理する人)に帳簿作成・領収書保存・年度報告書類の作成などが義務付けられています。

このような受託者にとって非常に面倒な信託事務は、これまでエクセルや紙で手作業で行われておりました。

おやとこではこのような負担を大幅に軽減するため、日本初の家族信託専用アプリを提供しています。
銀行とのAPI連携や、レシートの自動読み込み機能などで、帳簿や報告書を自動生成し、家族にも財産状況を自動共有することで、家族信託を簡単・安心に運用することができます。

他社比較

おやとこは
他社とくらべて何が違うの?

A社 (家族信託を扱う企業)
おやとこ
B社 (司法書士事務所)
司法書士
の有無
OK

司法書士はほとんどおらず、契約書作成も外部の弁護士事務所に委託します。 とにかく家族信託を安くしたい、少額の現金のみ家族信託したいなどの、簡単な家族信託をお考えのお客様におすすめです。

OK

当社は家族信託に特化した司法書士が創業した企業です。 また司法書士だけでなく、保険、不動産、相続など周辺領域の専門家もいるため、家族信託を考える際に欠かせない相続対策や資産承継の最適化まで一気通貫してサポートできます。

OK

顧客対応は全て司法書士が行います。 契約書作成等は詳しい一方、保険、不動産、税務などの周辺領域のサポートは難しく、外部事業者を招集し複数の会社で調整しながらサポートします。

価格の
安さ
OK

初期
費用
54,780 円 (税込)〜

月額
費用
  2,732 円 (税込)〜

比較的手軽にご利用いただけます。オプション料金や、外部の弁護士・司法書士との契約書作成費用などが別途かかります。

OK

初期
費用
55,000 円 (税込)〜

月額
費用
  2,728 円 (税込)〜

比較的手軽にご利用いただけます。 登記などの司法書士費用や、公正証書などの諸手数料は別途かかります。

NG

初期
費用
330,000 円 (税込)〜

小規模で運営している事務所が多く料金が高くなりがちです。

信託契約後
のサポート
OK

信託監督人に就任し、顧客サポートを行います。 システムはなく、エクセルや紙などで手入力で帳簿を作成し、報告書を作成していきます。

OK

日本初・家族信託専用のアプリを提供しています。
銀行とのAPI連携や、レシートの自動読み込み機能などで、帳簿や報告書を自動生成し、家族にも財産状況を共有することで、家族信託を簡単・安心に運用することができます。

NG

顧客サポートの方法は特に定まっていません。 システムはなく、エクセルや紙などで手入力で帳簿を作成し、報告書を作成していきます。

おやとこ
OK

司法書士の有無

当社は家族信託に特化した司法書士が創業した企業です。 また司法書士だけでなく、保険、不動産、相続など周辺領域の専門家もいるため、家族信託を考える際に欠かせない相続対策や資産承継の最適化まで一気通貫してサポートできます。

OK

価格の安さ

初期費用 55,000 円 (税込)〜

月額費用   2,728 円 (税込)〜

比較的手軽にご利用いただけます。 登記などの司法書士費用や、公正証書などの諸手数料は別途かかります。

OK

信託契約後のサポート

日本初・家族信託専用のアプリを提供しています。
銀行とのAPI連携や、レシートの自動読み込み機能などで、帳簿や報告書を自動生成し、家族にも財産状況を共有することで、家族信託を簡単・安心に運用することができます。

A社 (家族信託を扱う企業)
OK

司法書士の有無

司法書士はほとんどおらず、契約書作成も外部の弁護士事務所に委託します。 とにかく家族信託を安くしたい、少額の現金のみ家族信託したいなどの、簡単な家族信託をお考えのお客様におすすめです。

OK

価格の安さ

初期費用 54,780 円 (税込)〜

月額費用   2,732 円 (税込)〜

比較的手軽にご利用いただけます。オプション料金や、外部の弁護士・司法書士との契約書作成費用などが別途かかります。

OK

信託契約後のサポート

信託監督人に就任し、顧客サポートを行います。 システムはなく、エクセルや紙などで手入力で帳簿を作成し、報告書を作成していきます。

B社 (司法書士事務所)
OK

司法書士の有無

顧客対応は全て司法書士が行います。 契約書作成等は詳しい一方、保険、不動産、税務などの周辺領域のサポートは難しく、外部事業者を招集し複数の会社で調整しながらサポートします。

NG

価格の安さ

初期費用 330,000 円 (税込)〜

小規模で運営している事務所が多く料金が高くなりがちです。

NG

信託契約後のサポート

顧客サポートの方法は特に定まっていません。 システムはなく、エクセルや紙などで手入力で帳簿を作成し、報告書を作成していきます。

おやとこの特徴
01
特徴1

おやとこは、国内有数の家族信託実績を有する司法書士法人が立ち上げた、最新の家族信託サービスです。

02
特徴2

家族信託を全国に普及するために、安価な価格設定としております。

03
特徴3

ご家族のご状況をヒアリングし、資産額・資産種類・相続のご意志などに沿った最適な家族信託スキームをオーダーメイドでご提案します。

04
特徴4

またご状況に応じては、保険の見直しや不動産の整理などについても保険・不動産の専門家がサポート差し上げます。

トータルサポート
家族信託に精通した専門家であると同時に、 相続・不動産・保険なども全てトータルサポートができることや、家族信託を行った後もアフターフォローがあることが当社の強みです。
お気軽にお問い合わせください

家族信託・認知症対策なら、

まずは無料相談をご活用ください

家族信託の「おやとこ」では、認知症による資産凍結問題に悩むご家族に、 司法書士などの専門家がご家族に寄り添い、真心を込めて丁寧にご対応します。

おやとこの活用事例

お客様の声

笠原様

笠原様

母の物忘れが多くなり、
不安を抱えていました。

「認知症 対策」などでネット検索で調べていたところ、家族信託を見つけました。

家族信託を利用すれば、資産凍結を防ぐことができ、母も私たちも、家族全員が安心して資産を守ることができると知りました。

ただしどこにお願いすれば良いサービスを受けられるか、初めは分からなかったんです。

何をきっかけに「おやとこ」をお知りになったのですか?

私が普段から利用している大手金融機関と提携しているということで、おやとこを見つけました。

普段からその金融機関を利用していたこともあり、お墨付きがついた良いサービスなんだろうな、と思って問い合わせしました。

おやとこには、司法書士などのしっかりとした専門家の方がいらっしゃって、最初にお電話をした時から現在に至るまで、安心して相談をすることが出来ています。

実際に相談してみて、いかがでしたか?

何度もやりとりして、本当にお世話になりました。いつでも、何を聞いてもアドバイスが的確で親切に教えていただきました。

おやとこ独自の、家族信託用のアプリに関しても満足しています。

家族信託した財産を管理するために信託口口座を開設したのですが、その残高や取引内容などが家族信託のアプリに自動で表示されるなど、とても便利に使っています。

実際に家族信託を行ったお客様より、

「ご満足いただけた」

「ご安心いただけた」

というお声を多数いただいています。

サービス満足度96%

※ 弊社アンケートで満足度「とても高い」「高い」とご回答いただいた方の割合です。(2023年1月から8月まで)

データで見る家族信託

家族信託は、認知症による資産凍結からご家族を守るための法的制度です。
親の財産を家族で守ることが出来る安心感から、新しい資産凍結対策として2016年頃から注目され始めました。

※2022年の数字は8月時点の数字より算出した推測値。
※信託の登記は商事信託などの家族信託以外の信託においても発生するため、当該件数は家族信託の件数とは一致しない。

信託件数の推移 過去5年で2.6倍増加

メディア掲載

これまでに多くの新聞や雑誌などに
取材頂きました。

日経トレンディ
日経新聞
Yahooニュース
週刊女性

株主情報

おやとこは以下の企業様から
ご支援頂いております。

ジャフコグループ株式会社
GMO VenturePartners 株式会社
三菱UFJキャピタル株式会社

提携企業

高い専門性・親身なお客様へのサポートが評価され、おやとこは金融機関を中心に多くの企業様でご紹介されています。

横浜銀行
福岡銀行
野村證券
SBI Group
常陽銀行
めぶき証券
七十七銀行
オリックス銀行
イオンライフ
筑邦銀行
山口銀行
もみじ銀行
北九州銀行

また、計702社の事業者と提携しており、全国から家族信託のご相談が弊社に寄せられています。

銀行・証券

17

総提携数702

会計事務所

300

介護・その他

144

葬儀社

65

保険・不動産

176

※ 2023年10月時点

サービス開発者の想い

磨代表
代表取締役/司法書士 磨 和寛

私は14年前に父を亡くしました。
父の生前のある日、父の預金を引き出しに行った銀行の窓口で言われたことを今も思い出します。

「本人でないとお金は引き出せません」

あのとき感じた、「先々の生活は大丈夫なのか」という不安と恐怖は今でも忘れません。

認知症高齢者は増え続けており、2050年には1,000万人に上ると推計されています。
認知症による資産凍結に悩むご家族は、もはや珍しくありません。

そんな時代だからこそ、家族信託という素晴らしい仕組みを全国に正しく広め、ご家族の不安を安心に変えていきたい。
このような強い想いで「おやとこ」を作りました。

ご利用の流れ

お急ぎの場合には、最短2週間でお手続きを済ませることもできます。

全国
対応

無料相談について

ご相談者様やご家族の状況をお伺いした上で、家族信託が必要なのか、他に良い手段はないのか、どれくらい費用がかかるかなど、詳しくご説明いたします。

ご相談者様のご希望に合わせて、全国どこでもご自宅へのご訪問・ご来社・オンラインなどで柔軟に対応しております。

専門家が詳しく解説します!
全国7つの拠点でサポート!
安心して相談できる事務所です

おやとこの料金

初期費用

5 万円

(税込 55,000円〜)

家族信託
組成サポート費用

月額費用

2,480

(税込 2,728円〜)

専門家への
相談・アプリの利用料

初期費用について

信託する財産の金額を基に算定します。
1億円までは1%、1億円超〜3億円までは0.5%、3億円超の部分については信託財産の額が増えるほど、パーセンテージが下がります。

  • 契約書作成/登記の司法書士費用が別途発生します。
  • 信託財産に不動産が含まれる等の場合はオプション価格が必要になります。

月額費用について

信託契約締結後も、専⾨家に家族信託の運用⽅法や税⾦問題など、疑問点・不明点をいつでも相談をすることが可能です。また、面倒な受託者の業務をアプリで強力にサポートします。

よくあるご質問

無料相談でどんなことが相談できるのですか?
ご相談者様やご家族の状況をお聞きした上で、そもそも家族信託が必要なのか、どのような信託を組むのが最適か、費用がどれくらいかかるか等について、アドバイスやご説明をさせて頂きます。初回ご相談は無料でお受けします。状況に応じて2回目以降のご相談も無料でお受け致します。
※遠方などエリアによっては交通費・日当を申し受ける場合もございます。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
土日や夜間の相談も可能ですか?
平日や日中はお仕事などでご多忙な方にも無料相談をご活用いただけるように、夜間や土日のご相談も承っております。
全国どこでも対応可能ですか?
はい、おやとこは全国どこでもご対応致します。なお、離島など地域によっては交通費、日当を申し受ける場合もございます。
詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
オンラインでの相談は可能ですか?
はい、可能です。
ZOOM等を用いたテレビ会議によるご面談も多数の方にご利用いただいています。
具体的にどのような資産を信託できますか?
金銭、不動産、有価証券を信託することが一般的です。法的には、信託できる財産に制限はなく、自動車や船舶などの動産も信託することが可能です。
なお、有価証券については、証券会社の口座で管理する関係上、家族信託することが難しい場合もございます。
家族信託はいつ始めるべきでしょうか?
一般的には親御様の認知症が心配になった時や、親御様が後期高齢者になられた時、相続について検討を始めた時などが挙げられます。
親が既に認知症なのですが、家族信託は無理ですか?
病院で認知症の診断が出ていても、直ちに家族信託が不可能となるわけではありません。お名前・生年月日・住所・契約の趣旨(何を信託したいか・誰に任せたいか・相続のご意向)などがご理解いただける状態であれば、場合によって家族信託は可能です。
家族信託の可否の判断は非常に難しいポイントになりますので、その点も含め、弊社専門家にお気軽にご相談いただければと思います。
家族信託は最短でどのくらいで締結できますか?
お急ぎの場合は、最短2週間でお手続きを済ませることが可能です。
認知症がすでに進んでしまっている、次の帰省の際に話しを進めたいなど、ご状況に応じて迅速にご対応致します。
親が介護施設(病院)から出られないのですが、家族信託は可能ですか?
はい、可能です。
手続きに関与する弊社専門家や公証人は介護施設や病院にお伺いすることができますので、施設内で手続きを進めることが可能です。親御様が介護施設や病院にいらっしゃる状態で家族信託を行うことは、当社では珍しくありません。
親の財産を把握していなくても可能ですか?
ご相談の段階においては、ご両親の資産・財産について把握していらっしゃらないご子息様がほとんどのケースになります。
まずは大まかな財産状況をもとに家族信託がご家族にとって適切な手段になり得るか検討を進め、その後に詳細なヒアリングをさせていただきますのでご安心ください。
家族信託が利用できる財産額に下限はありますか?
ありません。
例えばご自宅だけ、現金だけの信託も可能です。将来に備えて必要と思われる財産を、自由に信託に入れることができます。
親に家族信託や認知症についてなかなか話しを切り出せないのですが...
親御様へのご相談がまだの方や、家族信託を行うかまだ決まっていない方でも無料相談をお受けしております。
まずは家族信託がご家庭にとって最適な方法か調べた上で、必要であれば弊社の専門家が親御様への説明にも同席致します。
家族信託の組成(スキーム設計、契約書作成等)のみ依頼をすることは可能ですか?
はい、可能です。
信託後の継続的なサポートを伴わないサポートメニューも用意していますので、お気軽にお問い合わせください。
家族信託専用アプリとはなんですか?
家族信託の契約を行ったあと、信託された財産を管理するためのアプリです。
家族信託された財産においては、信託法で帳簿作成・領収書保存・年度報告書類の作成などが義務付けられています。
従来は紙やエクセルなどの手作業で管理をしていましたが、手間が多く管理が大変、という課題がありました。
そこで、弊社では家族信託の管理を簡単にするための家族信託専用アプリを開発し、お客様に提供しております。
家族信託専用アプリを使うことで、家族信託の管理が大幅に簡単になります。
財産を託せる人(子ども)がいません
お子さまがいらっしゃらない、ご家族と疎遠でいらっしゃる、ご家族が海外にお住まいなどの理由から、家族信託をしたくてもできない方は多くいらっしゃいます。そのような方を家族に代わってご支援する「おひさぽ」というサービスもございます。詳細につきましては、弊社フリーダイヤルまでお問い合わせください。

わたしたちについて

「おやとこ」は、国内有数の家族信託実績を有する※トリニティグループが運営しています。トリニティグループは「法律×人×テクノロジー」の力で、大切な家族の未来をより安心のある世界にするために全力でサポートして参ります。

※ 株式会社アックスコンサルティング発刊の士業専門雑誌「月刊プロパートナー」2020年10月号

家族信託のトリニティグループ
メンバー写真

専門家の紹介

私たちが誠実にご対応させて頂きます。

磨 和寛

磨 和寛

代表取締役/司法書士

梶原 隆央

梶原 隆央

司法書士

田中 吉郎

田中 吉郎

家族信託コンサルタント

浅沼 礼奈

浅沼 礼奈

司法書士

森 賢治

森 賢治

家族信託コンサルタント

田村 淳貴

田村 淳貴

司法書士

鈴木 大崇

鈴木 大崇

司法書士

谷平 佑太

谷平 佑太

家族信託コンサルタント

会社概要

会社名 トリニティ・テクノロジー株式会社
所在地 ■ 東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-1-1
山口ビルディング1階

■ 福岡支社
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目9-34
アクシブ天神ビル7F

■ 大阪支店
〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町4-4-1
日生伏見町ビル本館2F

■ 横浜支店
〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1-1-8
エキニア横浜5階 HamaPort内

■ 名古屋支店
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8
KDX名古屋駅前ビル13F

■ 仙台支店
〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2-2-10
仙都会館 5F

■ 水戸支店
〒310-0021
茨城県水戸市南町3丁目4番12号 
常陽海上ビルディング1階
電話番号 03-6268-8805
設立 2020年10⽉30⽇
代表取締役 磨和寛(Migaki Kazuhiro)
事業内容
  • 認知症による資産凍結から親を守る「おやとこ
  • 家族信託・相続などの専門家コミュニティ「TRINITY LABO.
  • 相続手続きサービス「スマホde相続
  • おひとりの高齢者に家族の代わりにずっと寄り添う「おひさぽ
資本金(資本剰余金を含む) 18億2988万円(2023年12月現在)
グループ企業 司法書⼠法⼈トリニティグループ
弁護⼠法⼈トリニティグループ
⾏政書⼠法⼈トリニティグループ
グループ創業 2009年7⽉1⽇
グループ人員 約120名(2024.1.1現在)

おやとこについての
無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

電話で無料相談する

受付時間  10:00〜19:00(平日・土日祝)

メールでのお問い合わせはこちら

必須 個人情報取り扱いの同意
※ 個人情報の取り扱いについては当社のプライバシーポリシーをご確認ください。

家族信託の
「おやとこ」

全国対応で専門家がご家族に
寄り添ってサポートします。