※こちらはJFRカード株式会社(大丸松坂屋カード)様と、家族信託の「おやとこ」を運営するトリニティ・テクノロジー株式会社が共催するセミナーです。

「認知症による資産凍結、あなたは知っていますか?」

認知症になると意思能力を喪失し、

・銀行口座などが凍結される
・自宅など不動産の売却ができなくなる
・将来の介護費用や生活費が捻出できなくなる

などの「資産凍結」状態に陥ってしまうことがあります。

数年前であれば、子供が親の通帳を持って銀行に行き、代わりにお金をおろすことも比較的容易にできていました。
近年では、特殊詐欺の防止やコンプライアンスの高まりもあり、配偶者や子供であったとしても、その資産を動かせなくなるケースが増えています。

事前に対策をしておくことで、このようなケースのほとんどを未然に防ぐことができます。
高齢のご家族を持つ方にとって、今のうちに必ず知っておきたいポイントについて解説致します。

ご家族の資産を”資産凍結”から正しく守り抜く方法を学んでいただくことが、本セミナーの目的です。

セミナー後には、講師に直接ご質問・相談ができる無料の個別相談会もございます。

ぜひお気軽にお申し込みください。当日のご参加をお待ちしております。

セミナー詳細

開催日時
・3月14日(木) 19:00〜 東京駅すぐ(TKP東京駅カンファレンスセンター)
※定員は15名とさせていただきます。先着順ですので、お早めにお申し込みください。
参加料
無料
実施方法
ご来場型のセミナーとなります。オンライン開催ではございませんので、お手数ですが会場までお越しください。
セミナー内容

・認知症による資産凍結問題とは?
・「成年後見制度」と「家族信託」の使い分けは?我が家は結局どちらを使うべき?など

■こんな方におすすめです■
・親の将来の認知症について気になる方
・高齢のご家族、ご親族がいらっしゃる方
・将来の相続について準備したい方
・成年後見制度、家族信託について聞いたことがある方